ニュービジネスや中堅・中小企業の人・物・金にかかわる日中交流の国際投資会社。
会社案内
事業内容
イベント
採用情報
関連リンク集
2007.08.28
子会社「亜細亜共同投資株式会社」を設立しました。
2007.07.17
ホームページを
リニューアルしました。
2007.07.06
社名変更のお知らせ
2007.02.22
子会社設立に関するお知らせ
>>バックナンバー
イベント
   
日省エネルギー&環境ビジネス国際展示会2007(E&E 2007)
日本パビリオン出展のご案内
 
一、背景
 
   この30年間、中国は平均実質成長率10%という高成長を遂げましたが、持続的発展を実現するために、深刻なエネルギー不足、水汚染、大気汚染などの環境悪化問題を解決しなければなりません。

 中国政府は、エネルギー資源の節約と資源の利用効率を高め、廃棄物を再利用する循環型経済を発展させて環境保護を強化する政策に取り組み、外国の経験や技術を求めています。

 今年4月、中国の温家宝総理の日本訪問の際に、日中両国の省エネと環境保護協力の一層の強化に関する共同声明が発表されました。  中国における省エネと環境問題は、中国だけの問題ではなく、日本企業、特に日本の中小企業にとっても、大いにビジネスチャンスをもたらすものであります。

 第一に、中国商務部では、外貨準備が多く、毎年海外から機械や設備を購入するための予算を有しており、商務部と地方政府は国内企業のニーズ調査を行い、必要な機械と設備について、海外からの導入に補助金を交付することにしています。

 第二に、中国各地の中小都市では、環境保護政策を強化するため、省エネ・環境技術と製品導入の必要があり、ニーズは大きいという事情があります。

 第三に、中国の企業においても省エネ・環境技術と商品へのニーズがあります。省エネ設備、排水、排気処理技術、資源のリサイクル、新製品の開発など、日本の製品を求めています。

 第四に、日本の中小企業は、豊かな省エネ、環境技術を活用して、日本の環境問題を解決した経験を有しています。環境ビジネスを通じて、日本の優れた技術と製品が提供されることによって、日本の経験は中国の環境改善にも大いに貢献することになります。
二、開催概要
 
名称: 省エネルギー&環境ビジネス国際展示会2007(E&E 2007)      
テーマ: “新時代への架け橋”
開催趣旨: E&E 2007を通じて、日本企業の新技術・新製品の展示・実演による先端的な製品やソフトウェアなどの販路拡大・商取引の促進を図り、中国の省エネと環境事業を推進します。
会期: 2007年11月8日(木)〜10日(土) 10:00 〜 17:00 (最終日は16:00まで)
会場: アモイ国際会展センター
主催: E&E運営委員会 (国家発展改革委員会、国務院発展研究センター、国家環境保護総局、商務部、中国機電製品輸出入商会、中国国連購買促進会、日中経営者協会)
後援: 経済産業省(予定)、環境省(予定)、(財)日本省エネルギーセンター(予定)、川崎市、 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)(予定)、 日本貿易促進機構、日本経済新聞(予定)、中国駐日大使館(予定)、 北京新材料センター、北京省エネ環境保護サービスセンター、アモイ市、福建省経済貿易委員会、福建省機電製品輸出入弁公室、福建省貿易促進委員会、福建省国際購買促進センター、アモイ省エネセンター
中国側事務局: アモイ市機電製品輸出入商会
日本側運営委員会: 日中経営者協会、あすか環境経済研究所、日中環境エネルギーシステム促進機構、北京大学青鳥国際投資株式会社
開催規模: 小間数 150小間(1小間 3m×3m)
入場料: 無料
同時開催: “中国(アモイ)ブランド製品国際購買交易会”が同時に開催されることになっています。
バイヤー来場: 昨年の中国(アモイ)ブランド製品国際購買交易会は、中国国内から6万人以上、世界各国から200社以上のバイヤーが来場し、会期中に成立した購買契約と購買意向は50億人民元(約750億円)を超えています。 今年の中国(アモイ)ブランド製品国際購買交易会は、主催側が中国国内から7万人以上のバイヤー、世界各国から300社以上のバイヤーの来場を組織し、出展企業とのビジネス商談を確保することになっています。
   
三、出展規定
  1、会場構成及び出展対象品目  

 会場は、概ね出展部門別に構成し、市場開拓の場として十分効果が期待できるよう構成し、部門区分は、次に掲げる区分とする予定ですが、出展申込内容などにより、調整させていただく場合があります。
 
記号
出展分類
(ゾーン名)
出展分野・出展物(例)
1
新エネルギー
太陽光発電、太陽熱利用、風力発電、ゴミ発電、地熱発電、廃熱発電、バイオマスエネルギー、水素・燃料電池、マイクロ水力発電、未利用エネルギー、コージェネレーション、節電機器、省エネ技術、太陽熱での湯沸しシステム、真空管太陽熱収集機、保温材料及び自動制御装置、太陽熱の乾燥システムと応用など
2 効率のよいエネルギー利用
石炭ボイラーの改造、石油の節約と代替、燃料電池、家電のリサイクル、再生金属の利用、再生資源のリサイクル、石炭化学工業、石炭の液体化技術、氷の蓄冷技術、余熱の回収技術
3 省エネ
省エネキッチン用品、省エネ空調、省エネ型空气分離設備、家庭用冷房設備、省エネボイラー、省エネ型暖房供給、燃料節約技術、省エネ型機械電子設備と製品、省エネ送風機、ポンプ、バルブ、節水製品と技術、節水シャワー設備、中水回収技術等、省エネ環境製品と技術、省エネ自動制御技術、産業設備の省エネ製品、建物の省エネ製品、モーターの省エネ、省エネ壁材料と保温材料、節電器。
4 浄化(水・土壌・大気)
産業排水処理、生活廃水処理、洗浄装置、グリストラップ洗浄、土壌浄化技術、バイオレメディエーション、大気汚染物質対策、低硫黄燃料、脱臭装置、集塵装置、化学物質および油の分離・吸着・回収、光触媒技術 など
5 廃棄物処理・リサイクル
ゼロエミッション技術、業務用生ごみ処理機・堆肥化装置、炭化装置、炭化物利用製品、ダイオキシン対策、容器包装減容・分別・回収装置、各種リサイクル技術、建築廃棄物再生技術 など
6 エコプロダクツ
事務用品、繊維製品、エコ容器包装、生分解性樹脂、省エネ機器、光触媒関連製品、再生プラスチック製品 など
   
  2、出展資格    
  • 上記各分野の企業、団体、協会、機関、大学
  •    
  • 上記分野以外に、環境対応で自社製品や技術の販売を希望される企業
  3、出展料
    1小間185,000円(基本小間装飾費込み)    
  • お申込みは1小間単位とする。1小間のサイズは、3m×3m
  •    
  • 今回の展示会の開催経費は主催者が補助します。
  4、出展料に含まれるもの
  • 基本小間装飾
  • システムユニットパネル使用: この基本小間装飾に要する経費は、出展料に含まれています。基本小間装飾に含まれるものは、以下のとおりです。
    @バックパネル(H2.4m × W3.0m) (白色)
    Aサイドパネル2面(H2.4m × W3.0m) (白色)
    ※ ただし、角小間の通路側のサイドパネルは設置しません。
    Bパラペット(H0.3m × W3.0m)
    C社名板(H0.2m × W1.5m) 1枚/1小間
    D照明 FL40W(パラペット裏に設置)1灯/1小間
    E展示台(H0.75m × W1.0m × D1.0m) 1小間につき2台まで使用可。
    ※ 出展者は基本小間装飾によらず独自の装飾を行うことができます。この場合、装飾に要する経費は出展者の負担となります。
  • 案内状
  • ガイドブック「出展者紹介」掲載スペース
  5、出展料以外の経費

下記の経費は出展料に含まれておりません。
@ 出展物の会場への搬入〜設置〜搬出までの一連に要する経費。
A 主催者が行う基本小間装飾以外の装飾及び装飾工事に要する経費。
B 出展者が基本装飾に追加して行う装飾に要する経費(電気幹線工事、高速通信回線工事費等)。
C 基礎小間装飾以外に電気備品をご使用になる場合の電気工事費。
D 出展者の故意又は過失により他に損害を与えた場合の賠償経費。
※ その他ご不明の点は事務局にお問い合わせください。

  6、出展申込み方法

別紙申込書に必要事項をご記入の上、事務局までお申し込みください。
@ 出展申込期限 平成19年9月28 日(金) 出展申込数が用意された小間数になり次第、期日前でも締め切りとなります。
A申込先:日中経営者協会 〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4-1 メディックスビル4階 TEL 03-3526-7770、 FAX 03-3526-7776

  7、出展確定及び出展料の納入

 出展申込みの受付後、出展内容・会場構成等を考慮の上、出展の可否につき文書でご通知いたします。出展料は出展確定後事務局からご請求いたします。
※ 出展確定後、出展者の都合による出展の取り消し、或いは申込小間数の変更は出来ません。

  8、小間割の決定

 小間割については、主催者が定めた部門別会場構成により決定します。希望があれば、出展申込みの際に申し出して下さい。

  9、出展の取り消し、出展確定の解除

 出展者が次のいずれかに該当する場合、主催者は出展を取り消し、または、出展確定を解除いたします。この場合、出展料の返還はいたしません。
@ 出展者が自らの都合で出展を取りやめたとき。
A 期日までに出展物の搬入、展示が行われないとき。
B 期日までに出展料が納入されないとき。
C 割り当てられた小間を第三者に譲渡し、または、貸与したとき。
D その他、この出展規定他、主催者が任意に発行する細則等に反する行為があったとき。

  10、外国貨物の取扱いについて

 出展物は原則として通関済み貨物に限ります。外国貨物のまま出展する場合の手続きは、全て出展者が行うものとします。

  11、その他

 本出展規定に定めのないもの、ご不明な点は事務局にお問い合わせください。

  12、エネルギー&環境国際展示会2007(E&E 2007)開催までの予定(※変更する場合があります。)      
    平成19年
    09月14日(金)        出展申込み締め切り
    10月下旬              出展者説明会
    11月06日(火)        主催者基礎小間設営
    11月07日(水)        出展物搬入
    11月08日(木)        会期1日目
    11月09日(金)        会期2日目
    11月10日(土)        会期3日目/閉会後搬出撤去
四、参加日程
   日中経営者協会は、出展及び視察の企業ミッションを組織します。詳細は以下の通りです:
 
1、出展ミッション
日程:
D01  11/06(火)   午前: アモイへ移動(成田発と関空発)
午後: アモイ政府訪問
  D02  11/07(水)   午前: アモイ環境企業訪問
午後: 会場設営
  D03  11/08(木)   終日出展
  D04  11/09(金)   終日出展
  D05  11/10(土)   終日出展
  D06  11/11(日)   帰国
 
2、視察ミッション
日程:
D01  11/07(水)   アモイへ移動(成田発と関空発)
  D02  11/08(木)   会場視察、出展企業とビジネス商談
アモイ政府招待宴会
  D03  11/09(金)   世界遺産武夷山観光
  D04  11/10(土)   福建客家民居「円楼」観光
  D05  11/11(日)   帰国
   
より詳しい資料のダウンロード(PDFデータ)
参加申込書のみダウンロード(PDFデータ)
   
  お問合せ: 日中経営者協会        
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4-1 メディックスビル4階         
TEL 03-3526-7770、 FAX 03-3526-7776  
担当: 韓 mailto:han@rbi.jp
   
   
   
 
HOME最新情報会社概要事業内容イベント採用情報お問い合わせ